注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

勝てるFX手法講座 19 急落した相場に後乗りしてみよう!

急落した相場はどこでエントリーするのか!

こんにちはジローです。ここ2週間ほど体調を崩してトレードをあまりしていませんでしたが、ドル円とユーロドルのトレードをしましたので徐々にブログにアップしていきたいと思います。今回はドル円の売りトレードですね。

ドル円の日足ですが直近では上昇トレンドを築いていますが、ピンクの水平ラインの節目から一次的に売りが入りました。日足レベルではまだ上昇トレンドですが、下位足での売りに付いて行くトレードをしてみました。日足で上昇トレンド中の売りですので長期保有は難しい訳ですが、どこまで付いて行けるかを見て行きましょう

エントリー足の15分足です。仕事の合間に注文を入れておいたら注文が通っていましたね。今回はラインの色分けをしていなかったので醜くて申し訳ありません。損切り直下の白いラインは1時間足レベルでの節目となりますね。1段下の白いラインで高値切り下げを見せて来ましたので、もう1段下の白いラインを下抜けて高値切り下げ安値更新でエントリーとなりましたね。

1時間足ですね。既に高値を切り下げて安値を更新しています。ご覧の通り急落の後の戻り売りを狙ったトレードになりますね。私ジローは買いの手仕舞いが入った売りの第1波を獲る事が出来ませんでしたので、戻り売りを狙っていた訳ですが、FX初心者の人は急落後に何処からエントリーすれば良いか悩む所であると思います

戻り売りですから赤いラインで示したような値動きを獲りに行くのですが、問題はどこが高値切り下げのポイントとなって来るかですよね。この高値切り下げポイントをしっかり見極めなければ、急落後に売りで付いて行こうと思った場合には、安値掴みで損切りとなってしまう事が多いのですね。

15分足がエントリー足の場合に高値切り下げポイントの候補として有力なのが、1時間足や4時間足レベルで認識できる節目でレジスタンスされるかどうかですね。今回のトレードでは上の画像の損切り直下の白い水平ラインが過去にも節目となっていますので、まずはこの白い水平ラインまでレートが戻ってくるのを待っていましたね。青いラインは一番エントリーしたかったポイントですね。

戦略としてはこの白い水平ラインにレートが到達したらエントリーのスタンバイになります。白い水平ラインからエントリー足の15分足で高値切り下げ安値更新が見られればエントリーする訳ですね。非常にシンプルなトレード戦略となります。

もう1度15分足を見てみましょう。エントリーする時に重要なのが買いが死ぬポイントがあるかどうかですね。今回は節目である損切り直下の白い水平ラインを頂点として、15分足レベルで三尊が形成されている事が解ります。

三尊のネックライン抜けは教科書通りの売りのエントリーポイントですが、今回のように頂点が上位足の節目で抑えられ、短期的に買いが不利になる事による三尊のですのでネックライン下には損切りの売り、利確の売り、私ジローのような新規売り注文が入りやすいのですね。

その後の値動きを見て行きましょう。水色の水平ラインで値動きが停滞していますね。このラインは上位足で見られる節目のラインになります。日足で上昇トレンドですので買いが入る可能性も考えられるエリアとなります。建値直下に決済ラインを移動して最悪プラマイゼロにしておきましょう。水色のラインを明確に下抜ければもう1段下がると思われます。

黄色い水平ラインをレジスタンスとして一気に下がりましたね。最安値で56pipsくらい下げましたが少し戻され始めましたね。安値を切り上げてくるようであれば決済したいと思います。

現状の4時間足ですとこんな感じですね。紫のラインまで行けば決済したかった所ですが、到達はしませんでしたね。恐らくこのあたりから揉み始めるか一気に買われるかという所なので推移を見守りたいと思います。水色の水平ラインまで戻して下げてくる可能性もありますが、その場合にはかなり時間を使う事になりそうですね。

15分足で安値を切り上げてきたのでここで決済とします。プラス48pipsでフィニッシュですね。紫のラインには到達しませんでしたし、この下には日足レベルの節目もありますから決済ポイントとしては妥当であると思います。

フィニッシュの時の1時間足ですね。1時間足でもWボトムになろうかという形になってきましたね。私ジローは15分足トレードですので1時間足でのWボトム確定より前に手仕舞いとなりましたね。ご自分のエントリー足の時間足によって手仕舞いのタイミングは変わってきますね。

急落後の後乗りトレードのまとめ

いかがでしたでしょうか?急落後の後乗りエントリー。FX初心者の人は急落や急騰の時に乗り遅れを悔やんで適切ではないタイミングでのエントリーをしてしまいがちです。私ジローも飛び乗りして安値掴みや高値掴みを何度もしましたね。

しかしながら上位足での節目に掛かるタイミングを見計らってエントリー足でタイミングを取っていくと、安値図神や高値掴みを回避できますね。節目で抑えられなかったら次の節目まで待つか目線の切り替えをすれば良い訳ですね。

急落や急騰後の相場は追随の売りや買いが入りやすい傾向があります。当然今回のように日足レベルでは上昇トレンドの場合に売りエントリーして行くのであれば警戒は必要ですが、上位足の環境認識が出来ればFX初心者の人でも獲りやすい所であると思います。ではまた次回!

今月のオススメの海外FX口座

口座開設で証拠金20000円プレゼント GEMFOREX

FX初心者が1ヶ月100pips獲るのにオススメの海外FX口座

FX総合スペックNo1 信頼と狭スプレッド Titan FX

 

企業クオリティNo1 ボーナス&スペック HotForex

 

口座開設数No1 海外FX口座の王者 XM Trading

関連記事

FX初心者は海外FX口座の特徴を知って有効に利用しよう! こんにちはジローです。今回は数ある海外FX口座の中でもFX初心者にオススメの業者についてお伝えしたいと思います。FXをこれから始めてみようという人や海外FX口座を初めて開設するとい[…]