注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

ジローのトレード日誌 お盆のトレードは2日連続建値決済! ポンドル

FX初心者の人も建値決済もテクニックをマスターしよう!

こんにちはジローです。お盆休みは皆さんいかがお過ごしでしょうか?私ジローはお仕事とトレードと普段と変わらぬ生活をしております。

さて最近のトレード日誌は勝ちトレードをご紹介していましたが今回は建値決済のトレードをご紹介します。建値決済のトレードは結果として「逃げる」トレードになりますね。トレードでマイナスにならないために「上手く逃げる」テクニックは必須になります。まあ積極的に使いたいテクニックではありますが、資金を減らさないためのオプションと考えて頂けると良いと思います。

建値決済1発目をご覧頂きましょう!

まずは初日の建値決済を見て行きましょう!今回は2日ともチャートを見れる時間があったのでしっかり画像も残しております!建値決済ですけどね。ポンドドルの15分足です。売り注文がもうすぐ入りそうですね。エントリーはいつも通りで上位足で見られる高値の切り下げポイントでエントリー足の15分足でも切り下げが見えてきたので売り注文を入れておきました。

売り注文が入りました。少しモミモミしましたが下げて行きましたね。しかしポンドルの現在のレートは上位足でみるとかなり安値圏なのですね。伸びるかどうか解らないということは建値決済も視野に入れて行く必要がありますね

1時間足です。ピンクのラインのように徐々に高値を切り下げています。買い勢力の押し目買いも失敗してきましたので一旦下がることは下がるでしょう。15分足で値動きについていくには上位足で見られる抵抗帯を突破できるかどうかがカギになりますね

抵抗帯として3つのラインを引いています。現在到達したピンクのラインは15分足で高値更新したレートです。青いラインは安値の切り上げのラインです。オレンジのラインは最安値ですね。これらのラインが主要な抵抗帯となると考えられるので、突破できるかどうかを見て行きましょう。

ピンクのラインに到達後に紫のラインまで戻されましたがピンクのラインを突破してきました。突破はしましたが戻しの勢いはありそうですね。このようなラインを引いておくと伸ばす基準にもなりますし、戻された場合は建値決済の基準にもなります

ピンクのラインで跳ね返されたことが良く解ります。エントリー付近での抵抗帯である紫のラインも超えてきそうですので決済ラインを引き下げて建値決済に備えます。プラマイゼロでトレードを終えて損失を出さない手段ですね

ハイ!終了でございます。数pipsの利益でフィニッシュしました。建値決済ということは相場環境の見極めが甘かったとも言えますが、自分のトレードルールに従ったエントリーポイントであれば建値決済も視野に入れてトレードするのはアリだと考えています

続けて建値決済2発目もどうぞ!

さて懲りずに翌日のポンドルです。上位足の大きな流れとしては売り相場でありますが。次第に安値が切り上がってきそうな気配もありますのでロングで狙いに行きたいと思います。

シナリオはピンクのような値動きですね。現在エントリー足の15分足で逆三尊を形成しようとしています。ロングのチャンスですね。理想としては一度ネックラインを上抜けてから一度戻されますが、再びネックラインでサポートされて上昇してくれると安定しそうですね。

一気にバイ~ンと上昇しても良いのですが戻される可能性が高くなりますので、その場合には抵抗帯で決済しても良いかなと考えています。

ちなみに前日に建値決済したトレードは赤いラインになりますね。直近の値動きで前日つけた安値を更新できませんでしたし、逆三尊となれば買いの勢力が強くなるのが考えられますね。できるだけ多くの売りが入ってから買い注文が入って欲しいところです。

1時間足です。ピンクのラインのように安値が切り上げが見えてきました。短期足でもWボトムから安値切り上げをしてくるかというところですね。しかし1時間足の20期間の移動平均線は下向きですので、1回上抜けてから紫のラインでサポートされた方が上昇に転じやすいですね

注文が入ってから戻されましたが上抜けてきましたね。

最初の抵抗帯に迫ってきましたね。突破できるでしょうか?緑のラインまで伸びればリスクリワード比が1:1以上になりますから半分決済して半分は走らせようと思います

赤いラインを抜けてきましたね。決済ラインを建値の上に移動して最悪プラマイゼロにしておきましょう

緑のラインに到達して半分決済したとたんに下げてきました。取り合えず半分決済しておいて良かったかもしれないですね。

建値決済まで一直線ですね。やはり緑のラインは抵抗要素でしたね。予想してはいましたが予想通りになっては欲しくない展開ですね。

ハイ!2日連続建値で終了でございます。2日目は半分のロットは利益になりましたが、なかなか厳しい状況ですね。「相場環境が良くないからそうなるんだろ!」とツッコミがはいるとそれまでなのですが、負けなかっただけ良しとしましょう!

建値決済2連発のまとめ

いかがでしたでしょうか?2日連続建値決済。バシっと勝ちトレードをお伝えしたかったのですが、このような建値決済で「逃げる」トレードもテクニックのうちとFX初心者の人に参考にして頂ければ幸いです。

逃げる伸ばすのどちらにせよどのラインを突破していくのか、どのラインで跳ね返されてくるのかが判断できなければ「逃げる」こともできませんエントリーに使う水平ラインとエントリー後に引く水平ラインは引き方の性質が異なります。ぜひ「勝てるFX初心者講座」をご覧下さい。ではまた次回!

追記 ついにポンドルの逆襲!

今日は休みでしたので午前中にブログを書き終えて午後は近所のプールに子供を連れて行く予定だったのですが、出発前に懲りずにポンドルの買い注文を入れておきました。プールの帰りにつけ麺屋に寄って先程帰宅しますと42pipsゲットできていました。

今回のトレードはエントリーも決済もプール&つけ麺中で見ていませんでしたのでエントリー画像はございません。黄色のラインがあまりにも強かったので損切りを置き、青いラインの転換で買い注文が入るようにしていました。同時に黄色のラインの下抜けで売り注文を入れていましたがそちらは注文は入りませんでしたね。利確は昨日と同じレートです。

決済直後の1時間足です。見事にレンジとなっていますね。レンジの下限から上限まで獲りにいった訳ですね。私ジローように兼業&家族サービス必須トレーダーの人は相場環境を分析して注文を入れておくのが良いと思います。チャートに張り付かなくてもトレードできますね。現在はレンジの上限を上抜けてきましたので相場環境が変わってきそうですね。ではホントにまた次回!

今月のオススメの海外FX口座

口座開設で証拠金20000円プレゼント GEMFOREX

FX初心者が1ヶ月100pips獲るのにオススメの海外FX口座

FX総合スペックNo1 信頼と狭スプレッド Titan FX

先進海外FX口座No1 cTrader利用可能 AXIORY 

企業クオリティNo1 ボーナス&スペック HotForex

 

口座開設数No1 海外FX口座の王者 XM Trading