注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

金曜日の短期決戦 ポンドドル +36.6pips

長期目線に逆らうトレードは利確注文を入れて短期決戦にすべし!

こんにちはジローです。先週金曜日にポンドドルの買いトレードを仕掛けました。大きな目線で見れば売り相場ではありましたが、一時的に買いが入ってもおかしくない相場環境でありましたので短期決戦でのトレードとなりました。

短期決戦という事は何時売られても不思議ではないので、利確目標を設定してそのレートに刺さればフィニッシュというシンプルなトレードですね。

1時間足です。青いラインで示したように基本的には下降ダウですが、安値の更新幅が減少してWボトムになりました。私ジローはずっとWボトムになるのを待っていました。下げ相場でWボトムになると言う事は、売りの手仕舞いが入りやすくなると言う事を示唆しています。つまり買いが入りやすくなる訳です。

長期的に買い相場であればここからの買いは長期保有しても良いかも知れませんが、売り相場の中での買いは短期保有が必須です。再び売りが入ってくる可能性があるからですね。

エントリー足の15分足です。水色のラインで高値を抑えられていますが黄色いラインの安値も更新できません。黄色い矢印のレートには売りの損切りが入っています。つまり買い注文ですね。このレートを上抜ければレートは一時的に上昇する可能性が高くなります。それを見越してWボトムを形成した後に白い節目のラインを抜けたところで買った訳ですね。

思惑通り水色のラインを抜けてきました。この時点でリスクリワード比が1:1以上ですので売り相場での買いトレードであれば決済しても良いかも知れません。しかしもう1段上に利確目標となるレートが控えていますので、そこまで引っ張ってみようと思います。

紫のラインがそのレートですね。節目と成り得るレートです。売り相場での買いトレードの場合、どこから売りが入ってくるかを考えなければなりません。紫のラインは節目ですしそのレートまで到達すればチャートパターン的にWトップになりますから、買いの手仕舞いや新規売りを考えるトレーダーは多くなります。決済注文を入れて刺さってくれるかに注目ですね。到達しなければ微益で逃げる準備も必要ですね。

しかしあっさりと決済注文に刺さってくれました。15分足のローソク足6本。時間にして90分で決着がつきました。プラス36.6pipsですね。もう1段上の高値も狙って行きたい所でしたが欲張らずに決済ですね。

紫のラインの赤い矢印で決済しましたが、その後にレートは一気に下がりましたね。これが売り相場での買いトレードの怖さです。売られる可能性があるので早めの決済が必要になります。じゃあ黄色いライン抜けで売るかと言うとそれも今回は難しいですね。

黄色いライン抜けで売るとなると損切りは直近高値の紫のラインの直上に入れる事になります。60pipsくらいの損切り幅になります。私ジローの狙う利幅からすると損切り幅が大きくなりますので、枚数を減らすか見送るかの選択になります。

白いラインあたりで高値がガッツリと抑えられて節目を作れば売れましたが今回は見送りとなりました。ご自分のトレードスタイルで無理のないトレードをするのが賢明であると思います。

金曜日の短期決戦 ポンドドル +36.6pipsのまとめ

いかがでしたでしょうか?短期決戦トレード。90分で36.6pips獲れれば私ジローとしては上出来だと思います。エントリーも最速で入れましたし決済もピンポイントで決まりました。しかし長期保有は出来ませんから、決済注文を入れてなかったら建値決済か損切りで終わってしまうというリスクを認識する必要がありますね。

FX初心者の人は現在の相場環境がどのような状態であるのか、自分のトレードにはどのようなリスクがあるのかを認識できれば1ヶ月に100pips獲るのは難しくないと思います。ではまた次回!

今月のオススメの海外FX口座

証拠金20000円プレゼント GEMFOREX

 

ジローのオススメ海外FX口座

FX総合スペックNo1 信頼と狭スプレッド Titan FX

 

企業クオリティNo1 ボーナス&スペック HotForex

口座開設数No1 海外FX口座の王者 XM Trading

関連記事

FX初心者は海外FX口座の特徴を知って有効に利用しよう! こんにちはジローです。今回は数ある海外FX口座の中でもFX初心者にオススメの業者についてお伝えしたいと思います。FXをこれから始めてみようという人や海外FX口座を初めて開設するとい[…]