注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

ジローのトレード日誌 トレンドの転換を捉えるトレード

トレンド転換は絶好のトレードポイント

こんにちはジローです。今回は9月20日金曜日のドル円のトレードを見ていきましょう。ドル円は9月に入ってから上昇を続けてきましたが、そろそろ「買いの手仕舞いが入るか?」という状況になってきましたので売りを仕掛ける準備をしていました。

今回は上昇トレンドを崩す売りが発生したことが「買いの手仕舞いが入るのではないか?」と考えられる要因です。上位足レベルでトレンド転換する初動を獲りに行った形になりますね。

売り注文が入った直後の1時間足になります。黄色のラインが節目となってレートを抑えています。しかも上下を分けるラインにもなっていることが解りますね。このようにハッキリと上下を分けるラインが形成されるということは、黄色いラインより下のエリアは売り優勢エリア、黄色いラインより上は買い優勢エリアとなります。そしてこの黄色い節目のラインは損切りを置くのに絶好のポイントになりますね。

売りの準備に取り掛かる根拠はピンクのラインで示した売りの1波です。「安値切り上げ高値更新」という上昇トレンドを一気に崩しています。直近で見える最高値も4時間足や日足レベルでも確認できる節目に抑えられていますので、トレンド転換のシグナルとなる要因になります。

このピンクの1波が発生した場合の「売り」の手順は、1時間足や4時間足で認識できる明確な節目でレジスタンスされる事、レジスタンスされたらエントリー足で出来るだけ高値で売りを入れる事となります。つまり黄色いラインに出来るだけ近いレートで売りを入れる訳です。高値で売って安値で買い戻すというヤツですね。

エントリー足の15分足です。白いラインの107.985を下抜けたらエントリーするつもりでしたが、少し目を離した隙に急にレートが動きましたので、1pipsほど損しましたね。

ピンクの1波が発生して黄色のラインの節目で3回ほどレジスタンスされてきたので出来る限り黄色いラインに近いレートでエントリーしたかったのですが良しとしましょう。紫のラインは上位足で見える高値切り下げポイントと成り得るレートです。後は黄色いラインがしっかり効いてくれればレートは下げて行くのではないでしょうか?

エントリー後に少し戻されますが白いラインが短期的なレジスタンスラインとなり、15分足レベルでは上下を分けています。水色のラインの直近安値を割ってくるかが勝負ですね。水色のラインからは短期的な利確の買い、逆張りの新規買いなどが入る可能性がありますから戻される事も考えられますね。

現状を1時間足で見るとこんな感じです。水色のラインを割ってくると4時間足レベルでも高値切り下げ安値更新となりますので、上位足からの売りが入りやすい相場環境になってきます。しかし買い勢力から見れば水色のラインでWボトムとなれば、下げ止まりと判断して買いが入る可能性があるわけです。水色のラインを突破すればオレンジのラインまでは抵抗要素が少ないので、オレンジのラインを利確目標にしたいと思います。

水色のラインを若干割りましたが、予想通り買いが入って建値まで戻されています。あっという間に15分足レベルでの下降ダウが崩されました。ここは悩むところですね。金曜日の夜ですし建値決済をして来週にシナリオを立て直すか、売り優勢エリアの優位性を考慮して翌朝まで放置するか。私ジローは後者を選択して寝ることにします。水色のラインを突破すれば上位足でも下降トレンドが確定してオレンジのラインまでは伸びる事を期待しましょう。頼むぞ黄色い節目ライン君!

早朝5時15分です。ジョギングに行くために起きてみますと、夜中にかなり戻されましたが買い勢力が黄色いラインを上抜ける事はできず、逆に水色のラインを突破して下降トレンドになりましたね。4時間足でのトレンドの転換です。

目標のオレンジのラインには若干到達していませんが、今週の相場ももう数十分で終わりますのでジョギングに行く前に利益確定をしておきます。白いラインがエントリーレート、黄色いラインが損切りライン、現在のレートで利益確定です。プラス39.5pipsで終了です。

では今回のトレードを4時間足で見ていきましょう。一番上の紫のラインで過去の安値にレートは抑えられて、一気に4時間足の押し目を崩しに掛かります。黄色いラインを割ってきた所ですね。この時点でトレンドはありません。

その黄色いラインがレジスタンスとして機能して戻り高値を抑え始めました。この時点で黄色いラインが高値切り下げポイントとなる有力候補となります。イメージは現在完成している「高値切り下げ安値更新」によって4時間足レベルで下降トレンドに転換することですね

そのイメージがありますので、レジスタンスとなる黄色いラインに出来るだけ近いレートで売りたい訳です。ここのポイントをエントリー足である15分足で探すのですね。今回は1pipsほど遅かったのが若干失敗したところです。

水色のラインを突破すれば4時間足で下降トレンド確定です。上位足からの売りも入るのでオレンジのライン付近まではレートは下げると考えた訳ですね。これが今回のシナリオでほぼその通りにトレードが出来ました。

当然すべてがスムーズに運んだ訳ではありません。水色のラインから買いが入ると思いましたが、予想を上回る買いが入って一時は建値を超えられました。しかし結果としてはほぼ思惑通りにレートは動いてくれました。

9月20日ドル円トレードのまとめ

いかがでしたでしょうか?ドル円の売りトレード。トレンドの転換を獲りに行くトレードとしては鉄板の形になりますね。鉄板の形という事はシナリオが立てやすいという事に繋がります。トレードはシナリオを立ててその通りに遂行するだけです。必要なのは機能する水平ラインとダウ理論ですね

移動平均線やトレンドラインがあればより細かい動きを分析できます。しかし当ブログはFX初心者が1ヶ月100pips獲って勝つ事をメインテーマにしていますので、まずは出来るだけシンプルで解りやすいトレード手法を解説するために、極力シンプルなチャートでの解説をしています

FX初心者の皆さんも水平ラインとダウ理論をベースとしてシンプルでも勝率の高いトレードをするために、当ブログの「勝てるFX初心者手法口座」シリーズや「ジローのトレード日誌」シリーズをご覧頂ければ幸いです。ではまた次回!

 

9月のオススメの海外FX口座

口座開設で証拠金20000円プレゼント GEMFOREX

 

FX初心者が1ヶ月100pips獲るのにオススメの海外FX口座

FX総合スペックNo1 信頼と狭スプレッド Titan FX

先進海外FX口座No1 cTrader利用可能 AXIORY

 

企業クオリティNo1 ボーナス&スペック HotForex

 

口座開設数No1 海外FX口座の王者 XM Trading