注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

ジローのトレード日誌 11月18日 ドル円 急遽の目線切り替え

売り目線から買い目線に転換 結果はいかに!

こんにちはジローです。昨日はドル円の買いトレードを致しました。当初は売り目線としてチャートを見ていましたが、時間の推移とともに買える相場環境に変化してきましたので買いでエントリーしました。しかしながら買いトレードとしては伸び悩み反転下落していきました。ではその一部始終をご覧下さい。

エントリー足の15分足です。黄色い水平ラインの上に買い注文を入れておきましたが、既に注文が通った状態ですね。ここに買い注文を入れているという事は、ここで売りが死ぬという判断をしたからですね。しかし少し前まではこの黄色い水平ラインはレジスタンスラインとして機能するのではないかと考えていました。

1時間足になります。始めのシナリオは4時間足レベルで引けるトレンドラインに沿った戻り売りを考えていました。黄色い水平線は強い節目になっていますのでレジスタンスとしての機能は十分に期待できます。黄色い水平線でレジスタンスされて、1時間足レベルでもトレンドが転換してくるタイミングを15分足で狙って行こうという作戦ですね。もっと早くエントリーするのであれば1時間足で下降トレンドに転換する前に15分足の転換でエントリーしても良いですね。

しかし時間の経過と共に買いの圧力が強くオレンジのラインで示した様な逆三尊のチャートパターンも見えてきました。逆三尊という事は黄色の水平ラインの上には売りの利確の買い、新規買い、売りの損切りの買いが溜まっている事を示唆します

4時間足レベルでの下降トレンドラインも上抜けるタイミングでしたので、オレンジのラインの様に黄色い水平ラインを上抜けて、一度サポートされて再度上昇するという上昇イメージを持っていましたね。

日足レベルではトレンド方向が微妙であり4時間足の下降の勢いの方が強そうな相場環境でもありますので、ポジションの保有時間は気を付けたいところですね。

損切りを入れましたが15分足のチャートでは「何でそこなの?」という感じですね。15分足の下ヒゲを付けて切り上げたレートは1時間足レベルで認識されにくいレートなのですね。水色の水平ラインは節目として認識されるのでこちらに損切りを置きました。本当は水色の水平ラインまでキチっと戻って上昇して欲しかったところです。

一つ目の突破ラインであるオレンジの水平ラインに到達ですね。安値を切り上げて高値を更新していますので決済ラインも引き上げます。黄色い水平ラインの節目まで引き上げましたが、切り上げた安値まで引き上げてマイナスを防ぐ位置でも良いと思います。

1時間足です。オレンジや白い水平ラインからは売りが入ってきてもおかしくないですね。1時間足の上昇は深い押し目を築かずに一気に上昇していますね。4時間足レベルで見れば「安値を切り上げずに黄色い水平ラインの高値を更新してきた」という感じですね。とても売りが入りやすい環境ではありますね。

再び15分足です。オレンジの突破ライン付近でWトップになりそうな気配ですね。残念ながら突破ラインがレジスタンスラインとなる可能性を示唆しています。そうなると当然決済位置はWトップのネック割れに移動せざるを得ませんね

1時間足でも値動きは停滞しそうな感じですね。最低でも白い水平ラインまで伸びてくれる事を望んでいましたが果たしてどうなるでしょうか?白い水平ラインに到達後に撃ち落される事も考えられますから、利確注文を白い水平ラインの手前に置いておいた方が良いかも知れませんね。

と思っていたらWトップのネック割れで決済ラインに引っ掛かってフィニッシュです。プラス10.6pipsですね。エントリーの時は勢いよく上昇していくかと思われましたが、やはり上値は重たかったという所でしょう。

次の足で一気にレートは下がりました。一瞬で建値を割ってきましたね。いや~危ない所でした。私ジローの必殺技「建値決済」をお披露目するところでしたが、何とかプラスで終えただけ良しとしましょう。

11月18日 ドル円目線切り替えトレードのまとめ

いかがでしたでしょうか?ドル円目線切り替えトレード。エントリー後に勢いよく上昇しましたので上手く上昇の流れに乗れるかと思いましたが、多くのトレーダーは売り目線であったのであると思います。しかしながら売りで入れるかと言ったら中々難しいタイミングであったと思います。

今回は15分足でエントリーしましたので、15分足での反転のタイミングをチャート上で見る事が出来ましたので何とか逃げる事が出来ましたが、チャートを見れていなかったら最初に引き上げた決済ラインで若干の損切りとなっていましたね

私ジローのような兼業トレーダーは常にチャートを監視できません。チャートを監視出来なくて放置する事で利益を伸ばせる場合もありますが、今回のような急な値動きを喰らうリスクもありますね。それを回避するためには上位足の相場環境から放置できるのか、それとも決済ラインを細目に動かした方が良いのかを判断する必要がありますね

今回の逆三尊はFX初心者でエントリーした人も沢山いらっしゃると思います。相場環境認識次第で利益を確保できた人もいるでしょうし、損切りを喰らった人もいると思います。出来るだけ相場環境を把握して損切りされないトレードを心掛けましょう。ではまた次回!

今月のオススメの海外FX口座

口座開設で証拠金20000円プレゼント GEMFOREX

 

FX初心者が1ヶ月100pips獲るのにオススメの海外FX口座

FX総合スペックNo1 信頼と狭スプレッド Titan FX

先進海外FX口座No1 cTrader利用可能 AXIORY 

企業クオリティNo1 ボーナス&スペック HotForex

 

口座開設数No1 海外FX口座の王者 XM Trading

関連記事

FX初心者は海外FX口座の特徴を知って有効に利用しよう! こんにちはジローです。今回は数ある海外FX口座の中でもFX初心者にオススメの業者についてお伝えしたいと思います。FXをこれから始めてみようという人や海外FX口座を初めて開設するとい[…]