注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

勝てるFX初心者手法講座 1 機能する水平ラインが勝負のカギになる!

FX初心者がトレードで勝てる水平ラインとは?

こんにちはジローです。今回からFX初心者でまだ中々勝てない人に向けて、海外FX口座で月100pips獲れるようになった私ジローからFXで勝つための秘訣や手法であるFXテクニカルお伝えしたいと思います。実際にチャートを見ながらジローがエントリーしたところ、買ったトレード、負けたトレードをご紹介していきたいと思います。

私がFXで負けまくっていた時代の1番の敗因の一つとして機能する水平ラインが全く引けなかったところにあると考えています。水平ラインは引きまくっていましたがただ引いているだけであって、それをトレードにどの様に活かすかを考えて引いていませんでした。今回はトレードに活かせる水平ラインはどのようなものであるかをお話ししたいと思います。では6月第2週のGBP/USDのチャートを見ながら私ジローのトレードを見ながら説明して行きましょう!

この週はGBP/USDで4回トレードしました。上の画像の各色の矢印は、時間軸の早い矢印がエントリーで遅い矢印は決済になります。2勝1敗1引き分けでしたね。先ずは損切りにかかってしまった青い矢印のトレードから見て行きましょう。

この週のGBP/USDは長期的には値を下げて来ていましたので基本的にはショート目線でした。大きな流れで言うと紫のラインのような波を意識していましたね。4時間足ではその前の週末にかけて上昇していましたので、上昇トレンドが崩れるのを待って行こうと思いました。この週は2019.06.10 00:00から始まりました。

エントリー足の15分足です。紫のラインの下落によって4時間足での上昇トレンドが崩れました。ここから戻り目を作って反転するところでエントリーしたい訳ですね。黄色い水平ラインの所でレートは上ヒゲを付けて抑えられました。この黄色い水平ラインは過去の高値や安値で形成される「節目」となっています。この黄色い水平ラインは4時間足でも認識出来ます。そしてその後のレートは1段下げてピンクの水平ラインで抑えられて来ました。この水平ラインも1時間足で認識出来る「節目」となっています。

このピンクの水平ラインで抑えられ高値を切り下げ安値を更新した青い矢印でショートでエントリーをしました。このトレードは全く伸びずに損切りにかかってしまいました。「なんだ!水平ラインが機能してないじゃないか!」とお叱りを受けそうですが、次のトレードで威力を発揮してくれます。

さて損切りを食らったところで1時間足を見てみると1時間足レベルでは上昇トレンドに入っています。「もう1回上を目指すぜ!」という勢いを感じます。長期目線はショートですが短期的なトレードとしてロングも考慮に入れておきます。するとチャンスがやってきました。

エントリー足の15分足です。1つ目のトレードで損切りを食らった紫の上昇が押し目を付けに戻ってきました。そして1つ目のトレードで引いていたピンクの水平ラインでレートがサポートされ始めました。やはりこのピンクの水平ラインは「節目」としての機能を果たしてくれそうです。この「節目」で15分足で7回ほど下ヒゲをつけて反発していますので白の矢印でロングで仕掛けました。損切りをこの「節目」の下に置くことで損切りにかかりにくくなりますし、この「節目」に近い所でポジションを持てば損切り幅を抑える事ができます。

このトレードでは1つ目のトレードで損切りを設定していた水平ラインも機能して安値を切り上げて行きました。長期目線には逆らったトレードですので利確を直近高値よりも少し下に設定して損切りの決済ラインをオレンジのラインのように引き上げながらついて行きました。右側の白い矢印で決済して結果としてはリスクリワード比5:1のトレードとなりました。

3つ目のトレードは建値決済で終わってしまいましたので4つ目のトレードを見て行きたいと思います。上の画像ははエントリー足の15分足です。このトレードでは長期的にショート目線の中でレートが徐々に下がって来ましたが、青い水平ラインや白い水平ラインという明確な「節目」によってレートが抑えられているのが解ると思います。この2本の水平ラインは15分足だけでなく1時間足や4時間足でも過去からトレーダーに意識されている「節目」となります。エントリーは下向きのピンクの矢印、損切りは白い水平ラインの直上のオレンジのライン、利確は上向きのピンクの矢印の上の白い水平ラインになります。

この青と白の水平ラインを4時間足で見てみましょう。このように過去から何度もサポートやレジスタンスとして意識されていることが解りますね。私のように15分足でエントリーするデイトレーダーの場合には、上位足である4時間足や1時間足でも認識できる水平ラインを使ってトレードすることが重要です。上位足で意識されているという事はそれだけ「強い」水平ラインとなります。

このトレードでは白い水平ラインでレジスタンスされた後の安値更新ポイントであるピンクの矢印でエントリーしました。夜中は放置していましたが早朝にチャートを見ると下げていたので、週末であったので利確しました。

 

エントリー足よりも上位足で認識できる「節目」に引ける水平ラインは強力である!

上の画像は今月上旬のUSD/CADの1時間足の画像です。紫の下落が発生し直近安値を割ってきたので戻り売りを仕掛けたいと考えていた局面です。ピンクの水平ラインのような「トレーダーが節目と認識する可能性の高いレート」にあらかじめ引いておくことで、戻り目の候補を設定することが出来ます。そしてレートがこのピンクの水平ラインに到達するまではひたすら待ちます。このピンクの水平ラインにレートが到達したらトレードのスタンバイですね

レートがピンクの水平ラインを上抜けてしまえば別の戦略を考えますし、ピンクのラインに到達せずに反転した場合には出来るだけトレードしません。損切りを明確な「節目」の上に置きたいからですね。このトレードでは思惑通りピンクの水平ラインでレートがレジスタンスされ、トレード足の15分足で高値を切り下げ安値を更新してきたのでオレンジの矢印でショートでエントリーしました。損切りは当然ピンクの水平ラインの上に置きます。雇用統計前だったので直近安値で利確しました。約+40pips獲れましたね。

100% SuperCharged Bonus

 

このように新たな「節目」を形成する可能性の高い所を探してあらかじめ水平ラインを引いておくことも重要になります。戻り売りを仕掛ける場合には出来るだけレートが高い所から仕掛ける事が理想的ですから、節目となる戻り目候補に水平ラインを引いておくことによってトレードのシナリオを作りやすくなりますね。

いかがでしたでしょうか?FX初心者の方でも水平ラインの重要性がご理解頂けたのではないでしょうか?私はFXの師匠のGさんに「節目でサポートやレジスタンスされなければトレードをするな!」と言われていました。トレード回数は減りましたが負ける事も減りました。初心者の皆さんもチャートを開いて水平ラインを引いてみて下さい。

FX初心者が1ヶ月100pips獲るのにオススメの海外FX口座

口座開設数No1 XM Trading

総合スペックNo1 Titan FX

 

先進海外FX口座No1 cTrader利用可能 AXIORY

 

企業クオリティNo1 ボーナス&スペック HotForex

100% SuperCharged Bonus

豪華ボーナスNo1 GEMFOREXの口座開設はこちら!