注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

FX初心者でも一撃100pipsゲットできる!

ワントレードで100pips目指すには?

こんにちはジローです。今回はFX初心者でも一撃で100pips獲るための考え方についてお話ししたいと思います。当ブログではFX初心者が1ヶ月で100pips獲る事をまず第一の目標としています。しかし多くの方は兼業トレーダーでしょうし、私ジローも兼業トレーダーでありますので、四六時中チャートに張り付く事はできません。従って限られた時間の中で少ないトレード回数で1ヶ月に100pipsの利益を狙う事になりますね。

しかしながら1ヶ月の獲得pipsの目標が100pipsであれば、1回のトレードで一撃100pips獲れれば目標はすぐに達成できてしまう訳ですね。今回は私ジローが2日間で2つの口座で合計約250pips(損切り20pipsを含む)獲れましたので、そのトレードのご紹介と解説をして参りたいと思います。

まずトレードした所ですがポンド円でピンクのラインの買いトレードとピンクのラインの売りトレードですね。買いトレードはTitan FXとAxioryの2つの口座で利確、売りトレードではTitan FXが損切りでAxioryは利確できました。FX初心者が一撃100pips獲るために重要な考え方は値動きのボトム(底)とトップ(天井)をどのように捉えるかという事になります。

私ジローの基準足である4時間足ですね。最初の買いトレードの時は白いボックスで囲った安値がボトムであり直近のトップは水色のライン直上のオレンジのボックス付近であると考えていました。(結果としては抜けています)従って黄色いラインまでレートが上昇してもまだトップに達していないと判断した訳ですね。つまり狙いは押し目買いです。

1時間足です。黄色のラインに達したレートは下落して青いボックスでWボトムをつけました。2つ目のボトムは想定したよりも深めに押してきましたが誤差の範囲と考えています。

エントリー足の5分足です。紫とオレンジの2つの買いエリアを表示させています。2つ買いエリアを表示する理由は強気に買う口座と安全に買う口座を分けているからですね。Titan FXは赤い矢印で示した所でエントリーしました。損切りは10pips程の抑えられます。黄色の矢印からAxioryも買いを入れました。レートが天井を目指す上昇を狙いに行きましたので、2つとも黄色いラインの手前で利確ですね。何故かと言うと天井からは売りが入るというシナリオだからですね。いつものようにエントリーの画像がないのは兼業トレーダーなので仕事中だったからですね。スキを見てポチっとエントリーしております。91pipsと80pips獲れました。

売りトレードの方は5分足のエントリー画像があります。と言ってもこちらの口座は損切られました。トップと想定していた水色のラインで抑えられて、紫のボックスの買いエリアにレートが戻ってWトップになるかという所でエントリーですね。

1時間足ですね損切りは水色のラインの直上に入れてあります。1時間足でも認識できるWトップが天井として売られる想定ですね。しかしながら若干上昇して損切られました。

せっかくなので損切られた所です。赤いラインの136.626に損切りを入れてありましたがヒゲで刈られましたね。

しかし若干遅れてエントリーしたAxioryはスレスレで損切られずに順調に落ちていますね。予想よりもトップは上であったのかも知れません。

100pips超えてきましたね。Titan FXが生きていれば放置するのですが死んでしまいましたのでAxioryはそろそろ手堅く利確しようと思います。

ここで利確します。107pipsの利益となりました。結果としては利確直後にポン円は爆上げして直近高値を超えましたのでトップはまだ付けていない事になりますね。Titan FXが損切られずに生きていても建値決済に終わる事になったでしょう。100pips以上利益が出ていて建値決済というのも情けない話なので、確実にトップやボトムであると確信できなければ不用意にホールドするのも良し悪しですね。

FX初心者でも一撃100pipsゲットできる!のまとめ

いかがでしたでしょうか?FX初心者が一撃で100pipsゲットできれば、もうその月のトレードはしなくても良いかも知れませんね。また今回のように月初めにそこそこ勝てれば、その月のトレードはゆとりが持てるのではないでしょうか?

ポイントはボトムとトップの認識ですね。当ブログをご覧頂くと私ジローのトレードは売りトレードが比較的多いと思います。それはボトムをいつ付けたかを判断するのは難しいのですが、ボトムを付けたと判断できればトップで売りトレードを狙う事は難易度として低くなると私ジローは考えているからですね。当然ボトムを付けたと判断できれば買いトレードも行います。

トップの認識はやはり節目のラインですね。5分足や15分足がトレード足であれば、節目の認識は最低でも1時間足、基準足の4時間足で認識できる節目を探すと良いですね。日足で認識できればなお良いと思います。

現在の4時間足では白いボックスの安値がボトムでオレンジのボックスの高値がトップになりそうですね。そうなると売りが優勢となりますので狙いは売りトレードになります。本当は今回トップからの売りトレードで利益を伸ばしてカッコイイ所をお見せしたかったのですが、Titan FXは刈られるし想定していたトップはトップでなかったようですね。しかしどのように買いと売りを組み立てるかはFX初心者の方でもご理解頂けたのではないかと思います。ではまた次回!

ジロー愛用のTitan FXはFX初心者の方にもオススメです!

 

口座開設ボーナス20000円 GEMFOREXは超オススメ

 

仮想通貨FXはFXGTがオススメ

FXGTの公式サイトはこちらをクリック