注目キーワード
  1. 海外FX口座
  2. FXテクニカル

勝てるFX初心者手法講座 17 節目を使うトレード手法

節目を使うとシナリオが立てやすく負けにくい!

こんにちはジローです。金曜日にオジドルドルで丁度節目にサポートされてエントリーできるタイミングがありました。FX初心者の人にも解りやすい節目を使うトレードになりそうだったので時系列で画像を撮ってみました。

FXで重要な事は節目となるレートにキチっと水平ラインが引ける事とダウ理論です。デイトレードレベルでしたら4時間足や1時間足の値動きに対して15分足や5分足でエントリーしていくというのが基本であると思います

今回は節目のラインを基に事前にシナリオを立てて、エントリー後の値動きがどの様に推移していくかを見て行きたいと思います。週末のために時間制限がありますので途中でフィニッシュとなってしまいますが、節目の見方と想定される値動きの考え方を参考にして頂けると良いと思います。

オジドルドルの1時間足です。上昇してきたレートが黄色の水平ラインでサポートされて、1時間足レベルでも認識できるWボトムを作ってきました。黄色の水平ラインは過去の高値でキチっとサポートされて節目を形成しています。この様に上昇相場で解りやすい節目でWボトムを作ってきていますので、相場参加者は買いの準備をし始めますね。

私ジローはピンクのラインで示した値動きを想定しています。青いラインを上抜けてから再度青いラインにサポートされて上昇していくシナリオですね。実際にどのような値動きになるかは未知数ですが、自分なりのシナリオを持っていることは大事ですね。

紫のラインは押し目を付けに行く売りのトレンドラインです。売り目線から見るとWボトムになるという事は安値更新をしなくなった事を意味します。安値更新をしなくなったという事は、売り勢力は利確や損切りの買いを何処で入れるかを考え始めます。

その利確や損切りの買いが入る候補が青いラインという訳ですね。この青いラインを上抜けた所に買い注文を入れています。売り勢力の利確や損切りの買い、私ジローのような新規買いが入ると考えられる所ですね

エントリー足の15分足です。ピンクのラインで示した値動きがシナリオですね。青いラインからは売りが入ってきています。黄色のラインでWボトムを作り、15分足でも安値切り上げが見られるとエントリーしやすくなります。損切り幅を抑えると同時に、直近高値から見れば安いレートでエントリーするには理想的な形であると思います。

注文が入りましたね。勢いよく上昇しています。下降トレンドラインも抜けてきましたね。一度レートが下がって青い水平ラインでサポートされてくると上昇しやすくなりそうです。そうなると青い水平ラインは15分足レベルでの節目であるだけでなく。上位足でも重要なレートとなります。

青い水平ラインは4時間足レベルで見ても過去の高値でサポートされる可能性が高いレートです。ここでサポートされてくれば4時間足レベルでも黄色の水平ラインを押し目と認識して、青い水平ラインで安値を切り上げてくるという形になってきます。

懸念材料は週末であると言う事と、白いラインの直近高値は週足レベルでは高値が抑えられる可能性があるレートである事ですね。果たして買いは入ってくるのか?高値を更新せずに高値を切り下げてくると一旦売りが入ってくるかも知れません。

15分足ですとオレンジのラインでレートが抑えられてきました。一度青い水平ラインまで戻されて上昇していくイメージですね。このオレンジのラインは15分足ですと特に抑えられる要因は無さそうに見えますね。この様な場合は上位足をチェックしてみましょう。

日足で見るとオレンジの水平ラインはネックラインになっています。抑えられるべくして抑えられていましたね。オレンジの水平ラインと青い水平ラインのどちらが強いかの勝負になりそうですね。金曜ですので青い水平ラインでサポートされなかったら撤退も考えていきます。

このまま上昇して青いラインで示した様な値動きになるのでしょうか?若しくは最初に想定していたピンクの様な値動きになるのでしょうか?これから外出なのでチャートが見れません。損切りをそのままにして「放置」します。果たしてどの様な値動きになるでしょう!

さて土曜の朝でフィニッシュの時間になりました。来週までポジションは持ち越しませんので、ここで手仕舞いとします。多少値動きにブレがありましたが青い水平ラインでサポートされてその後に上昇しましたね。ほぼ想定通りの値動きになりましたね。

節目を使うトレードのまとめ

いかがでしたでしょうか?節目を使うトレード手法。FX初心者の人にはオススメのトレード手法ですね。エントリー足が15分足のデイトレードの場合、日足、4時間足で引ける強い節目を軸としてトレードを組み立てていきます。そこに1時間足でも認識できる節目を加えていきます。

FX初心者の人は節目でサポートやレジスタンスされなければトレードをしないという方法が良いと思います。今回のトレードでお解り頂けたと思いますが、強い節目ではレートが反応します。買いトレードであれば強い節目にサポートされた安いレートで買う訳ですね。そうする事で損切り幅は抑えられ利幅が期待できるトレードが可能になります。

デメリットとしては上位足の節目まで待つことになりますからトレード回数は減ります。思惑通りの値動きにならなければトレードチャンスを逃す場合もあります。しかし多くのトレーダーが意識する節目を使う事で負けにくいという最大のメリットがありますね。

強い節目であっても絶対はありませんが今回のように放置する事も可能ですね。伸ばせる所は伸ばす事も可能になりますね。後はダウ理論を加えればFX初心者の人でも勝ちやすいトレードが組み立てられますね。皆さんも是非強い節目を探してトレードを組み立ててみて下さい。ではまた次回!

今月のオススメの海外FX口座

口座開設で証拠金20000円プレゼント GEMFOREX

 

FX初心者が1ヶ月100pips獲るのにオススメの海外FX口座

FX総合スペックNo1 信頼と狭スプレッド Titan FX

先進海外FX口座No1 cTrader利用可能 AXIORY

 

企業クオリティNo1 ボーナス&スペック HotForex

 

口座開設数No1 海外FX口座の王者 XM Trading

関連記事

FX初心者は海外FX口座の特徴を知って有効に利用しよう! こんにちはジローです。今回は数ある海外FX口座の中でもFX初心者にオススメの業者についてお伝えしたいと思います。FXをこれから始めてみようという人や海外FX口座を初めて開設するとい[…]